創作系の副業の魅力は「報酬」

魅力

副業の場合、報酬について考えるとき、どうしても「高収入」か「安い賃金」のどちらかに分かれてしまうという特徴があります。手軽に取り組めて、たっぷり時間を割くことができる仕事はどうしても「安い賃金」になりがちですが、しかし、たっぷり時間を割くことができたときには、そのときにある程度まとまった額の報酬を得ることができることは間違いありません。

ただ、やはり高収入を得たいということであれば、ある程度専門的な知識やスキルが必要な仕事でなければなりません。そういった仕事の多くは、「資格」を取得することによって依頼を受けることができる場合が多いです。しかしながら、資格がなくても、専門的なスキルさえあれば、高単価の仕事を受けることもできるのです。

そういった仕事の種類として真っ先に挙げることができるとすれば、やはり「創作」ということになるでしょう。小説を書いたり、楽曲をつくったりするのがその代表的な仕事になりますが、他にもデザイナーやイラストレーターなどの仕事は、案件によってはかなりの高収入を得ることが可能になります。

また、小学校、中学校、高校向けの学習参考書の執筆や問題集の執筆なども、本業としている人もたくさんいますが、副業でも十分こなすことができる仕事であることには間違いありません。そして、これらの場合、副業とはいってもかなり高収入のアルバイトになります。特に、教科書の改訂時期には、参考書や問題集もすべて書き換える必要が生じますので、場合によっては副業ながらも月収100万円を超えるようなケースもあり得ます。

このように、副業で高収入を得ることができるというときのキーワードは、やはり「資格」と「創作」をイメージしていただきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ